WordPressのバックアップ方法はプラグインが自動でおすすめ!

記事もたまってきた。
アクセスも来るようになった。

少しずつではあるものの、
稼げるようになってきた。

そんな時にふと思うのが、
「バックアップって取らなくてもいいのかな?」
ってことですよね^^;

もちろん、
バックアップは必須ですよ〜!

そこで、
今回は自動でWordPressのバックアップをする方法についてご紹介します。

自動でWordPressをバックアップしてくれるプラグインとして
おすすめなのは「BackWPup」になりますので、

BackWPupをインストールして、
バックアップの設定をするところまでご紹介
します。

BackWPupをインストール

1)ダッシュボードの左メニューにあるプラグインから新規追加をクリックします。
新規追加をクリック

2)検索窓に「BackWPup」と入れて検索します。
「BackWPup」と入れて検索

3)出てきた「BackWPup-Wordpress Backup Plugin」の
「今すぐインストール」をクリックします。
「今すぐインストール」をクリック

4)「有効化」をクリックしてプラグインを有効にします。
プラグインを有効に

BackWPupの設定

1)設定の下の「BackWPup」の下にある「新規ジョブを追加」をクリックします。
「新規ジョブを追加」をクリック

一般タブ

1)「ジョブ名」で名前をつけます。
僕は週1回のバックアップなのでシンプルに「ウィークリーバックアップ」にしています。
「ジョブ名」で名前を

2)「ジョブタスク」でデータベースのバックアップ、ファイルのバックアップ、インストール済みのプラグイン一覧の
3つにチェックが入っていることを確認します。
3つにチェックが入っていることを確認

3)「アーカイブ形式」は、
Windowsの場合はZip,MacならTar GZipを選びます。
※僕はMacなのでTar GZipを選びました。
アーカイブ形式を選ぶ

4)「バックアップの保存方法」で「フォルダへバックアップ」を選択します。
「フォルダへバックアップ」を選択

5)これで「変更保存」をクリックします。
「変更保存」をクリック

※保存をクリックすると1番上に
「To optimize further development of BackWPup,」
といったメッセージが出てきますが、無視してOKです。

スケジュールタブ

1)「ジョブの開始方法」を「WordPressのcron」にします。
「WordPressのcron」に

2)「スケジューラの種類」を「基本」にします。
「スケジューラの種類」を「基本」に

3)「スケジューラ」は「毎週」を選択します。
「スケジューラ」は「毎週」を選択
毎日だと負担がかかりすぎてしまいますし、
毎月だと頻度が少なすぎるので
毎週を選ぶのがおすすめです。

4)これで「変更保存」をクリックします。

DBバックアップタブ

1)下までスクロールしていき、
「バックアップファイルの圧縮」で「GZip」を選択します。
※Windowsの場合はZipとなっているかもしれません。
「GZip」を選択

2)これで「変更保存」をクリックします。

ファイルタブ

ここはいじる必要ないです。
「テーマのバックアップ」のところで使ってないテーマにチェックをして除外できますが、わからない場合はスルーしてOKです。

もし変更を加えた場合には「変更保存」して終了してください。

BackWPupのジョブの設定を確認する

今、作ったジョブが正常に動作するかどうか確認します。

1)左メニューのBackWPupの下にある「ジョブ」をクリックします。
「ジョブ」をクリック

2)今作ったジョブがあることを確認して、
「今すぐ実行」をクリックします。
「今すぐ実行」をクリック

3)ここで
「ジョブ完了」
「ジョブは〇〇秒で完了しました」
となっていたらOKです。
ジョブ完了

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です