メルマガ登録バナー

ブログの著作権【画像を使いたい場合どうしたらいい?】

ブログの著作権【画像を使いたい場合どうしたらいい?】

前回までにブログ装飾HTMLやブログにつけるタグの使い方についてご説明しました。
>>【ブログ装飾HTML】稼ぎたいなら1つだけに絞ってOK
>>ブログタグの付け方ならおすすめはコレ!

ブログをていねいに書いていくと、信憑性を出すために他のブログから画像を引用したい場面があると思います。
今回はそうした場合にブログの著作権に触れずに画像を引用する方法についてご紹介します。

この記事の著者「せいさん」はアフィリエイト歴10年以上。
SEOだけで1億円以上稼いでいます。
詳しいプロフィールを読む

【まずは】ブログには著作権フリー画像を使おう


他のブログから参考画像を引用したい場合ではなく、
単純に画像を使いたいというだけであれば、
まずは著作権フリーの画像を使ってください。

こちらの記事が参考になります。

・オーダン(主に海外のオシャレな画像)
>>オーダン(o-dan.net)の使い方【おすすめ著作権フリー画像サイト】

・写真AC(主に日本の画像)
>>【ブログサムネイルの作り方】アイキャッチには時間をかけないで!

ブログの著作権に触れずに画像を使いたい場合

単純に画像を使いたいということではなく、
参考のために他のブログから画像を引用したいという場合ですが、

正しく引用すればどんな画像でも使ってOKなのかというと違います。
画像転載禁止となっている場合はNGになります。

「画像転載禁止」となっている場合には、
以下のように、わかりやすいところに書いてある場合が多いです。
※以下の例はブログの一番下に書いてある

株式会社トイカード
出典:株式会社トイカード

大阪大学適塾記念センター
出典:大阪大学適塾記念センター

書いてない場合には正しく引用して使えば使用できる可能性があります。
その場合にもメッセージが来たら早急に対応することが重要です。

著作権を考慮したブログ画像の引用の仕方

著作権を考慮したブログ画像の引用についてのポイントは次の2つ。
・必ずリンクを入れる
・出典や引用と書く

必ずリンクを入れる

必ずリンクを入れるようにしますが、
リンクは文字ではなく、そのブログにアクセスできるようにしてください。

NG:https://www.yahoo.co.jp

OK:<a href="https://www.yahoo.co.jp” target="_blank" rel="nofollow noopener">https://www.yahoo.co.jp

出典や引用と書く

リンクの前に「出典」や「引用」と書きます。
僕は画像の場合には「出典」と書くことが多いです。

出典:<a href="https://www.yahoo.co.jp” target="_blank" rel="nofollow noopener">https://www.yahoo.co.jp

実例

1)使いたい画像を見つけます。
使いたい画像を見つけます。

2) 右クリックして保存します。
右クリックして保存

3)WordPressに画像を貼り付け、下に出典のリンクを入れます。
※テキストモードの場合
下に出典のリンクを入れます

4)このような形で表示されます。
このような形で表示されます。

ブログ画像の著作権まとめ

・画像転載禁止となってたらいかなる場合でもNG
・特に何も書かれていない場合には出典先リンクを入れて使う
・連絡があったらすぐに対応する

ルールを守ってリンクされれば、相手にも喜んでもらえる可能性がありますよ^^

無料メルマガではアフィリエイト歴10年以上&1億円以上稼いできた「せいさん」が、
最速でアフィリエイトで成功するステップを有料級プレゼントを交えてお届けしています。
>>無料メルマガのご登録はこちら
メルマガ登録バナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です