メルマガ登録バナー

【サーチコンソールの設定2021】初心者はこれだけでOK

【サーチコンソールの設定2021】初心者はこれだけでOK

サーチコンソールと言うと、
初心者の方には敷居が高く感じられてしまうかもしれませんが、
初心者の場合でも以下のようなメリットがあるんです。

    ・トラブルを未然に防ぐことが可能
    ・テコ入れすれば上位表示できるキーワードを教えてくれる

サーチコンソールでは健全な運営をしていない可能性のあるブログに対して警告をしてくれることがあります。
この警告内容の原因を見つけて改善することでトラブルを未然に防ぐことが可能です。

そして1番のメリットは「テコ入れすれば上位表示できるキーワードを教えてくれる」ということ。
ただ、サーチコンソールにブログを登録しているだけで、「このキーワードで上がりそうだよ!」というのがわかってしまうので、とても対策しやすくなりますよ^^

ということでメリットの大きいサーチコンソールの設定(導入)方法についてご紹介したいと思います。

【初心者用】2021年のサーチコンソール設定

1)Googleで「サーチコンソール」と検索します。
「サーチコンソール」と検索

2)1番上の公式サイトをクリックします。
公式サイトをクリック

3)「今すぐ開始」をクリックします。
「今すぐ開始」をクリック

4)ダウンドロップをクリックします。
ダウンドロップをクリック

5)プロパティを追加をクリックします。
プロパティを追加をクリック

6)「URLプレフィックス」にあなたのURLを入力したら、その下の「続行」をクリックします。
あなたのURLを入力したら、その下の「続行」

7)下にある「その他の確認方法」までスクロールします。
「その他の確認方法」までスクロール

8)HTMLタグのダウンドロップをクリックし、
メタタグをコピーします。
メタタグをコピー

9)サーチコンソールの画面は閉じずに、WordPressの設定画面にアクセスしてください。

サーチコンソールの導入方法

ここでは、

    ・All in one SEOを使わない場合
    ・All in one SEOを使う場合

の2つの導入方法についてご紹介します。

All in one SEOを使わない場合

使用テーマによってはAll in one SEOを使わなくても、サーチコンソールの設定ができる場合があります。

たとえばCocoonというWordPressテーマは無料で使用できるのですが、サーチコンソールの設定もできるのでおすすめです。

Cocoonの場合はこちらをご覧ください。
Cocoon公式サイト

All in one SEOを使う場合にはこの下へお進みください。

All in one SEOを使った導入方法

1)ダッシュボード>All in One SEO>一般設定
をクリックします。
All in One SEO>一般設定

2)ウェブマスターツールのタブをクリックし、
Google検査コンソールをクリックします。
Google検査コンソールをクリック

3)先ほどサーチコンソールでコピーしたタグを
Google検証コードというところに貼り付けます。
Google検証コードというところに貼り付け

4)下へスクロールして「変更を保存」をクリックします。
「変更を保存」をクリック

5)サーチコンソールへ戻って「確認」をクリックします。
サーチコンソールへ戻って「確認」をクリック

6)「所有権を証明しました」
と出たら完了です。
「所有権を証明しました」

サーチコンソールの設定、お疲れ様でした!

サーチコンソールは簡単に導入ができる上に、
本当に奥が深く、ブログ改善についてたくさんのヒントが得られます。
コンスタントにアクセスして、ブログ改善にお役立てくださいね^^

メルマガ登録バナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です