現役アフィリエイターのアフィリエイト失敗談を3つのステップごとに紹介!

【ステップ別】アフィリエイト失敗談!

誰ですか?「他人の失敗は蜜より甘い^^」と言ってるのは!

でもアフィリエイトを長くやっていると失敗例なんてたくさん出てくるのが正直なところ。

そこで今回は現役アフィリエイターである僕がアフィリエイトの失敗談をステップ別(レベル別)に話してみたいと思います。

もちろん、転んでもタダでは起きませんよ!
そのあたりもじっくりとご覧ください。

トレンドアフィリエイトでの失敗談

オリンピックに便乗したものの

トレンドアフィリエイトでの最初の失敗はジャンル選びでしたね。
僕は音楽が好きだったので、音楽に関しては人一倍詳しい自信があったんです。
そこでアフィリエイトも音楽の情報を流すブログを作ろうと思ったんです。
具体的には、ちょうど2010年バンクーバーオリンピックが行われていた時期だったので浅田真央さんが演技するときにかけていた曲の情報を掲載するブログを作りました。

今でもどこかに残ってるんじゃないかな…

FC2ブログで使用曲収録のアルバムのAmazonリンクを掲載していたのですが、
まったく売れませんでした
ね(笑)

というか、こういったトレンドものだったらAmazonではなくアドセンスを貼っておけば良かったですね^^;

「おっぱい」でアドセンス広告停止!

知ってる方は知ってると思うのですが、
2010年頃「どや顔サミット」という番組があったんです。

そこで紹介されていたのがバストアップに効果があるという「おっぱい体操」

この頃はなんとか稼げるようになっていましたから
カンでバストアップは絶対来る!って思って記事を投稿したんです。

案の定、アクセスが来てアドセンスの1日の収益も1万円前後まで上がりました。

それからしばらく経ったある日、
アドセンスの管理画面にお知らせが来ていることに気づきました。

「なんだろう?」と思って開いてみると
記事単位での広告停止のお知らせが。

その中の1つが例のおっぱい体操記事だったんです^^;

もちろん、「おっぱい」という言葉があってもアドセンスが停止になっていないブログもありますし、
僕自身、「おっぱい」以外にも複数のアダルト系と思われるキーワードを修正したので、
「おっぱい」だけが停止の理由ではないと思いますが、
アドセンスの規約にもアダルトはNGになっていますから、ちょっとでも「これアダルトかな?」って思ったキーワードは掲載しない方がいいですね^^

サイトアフィリエイトでの失敗談

僕自身、サイトアフィリエイトで法人化できましたし、
サイトアフィリエイトが1番長いので失敗はたくさんあるのですが、その中でも珍しい失敗談をご紹介します。

虫眼鏡SEOで訴えられそうになる

虫眼鏡SEOという言葉を知っていたら、あなたはもう初心者ではないですね^^;
でも、知らない人の方が多いと思うので説明しますと…

例えばYahoo!で「葉酸サプリ」と検索窓に入れたときに
虫眼鏡

上のようにズラーっと、キーワード候補というのが出て来て、
これを虫眼鏡キーワードと言いますが、
この虫眼鏡キーワードを操作できた時代があったんです。

Yahoo!の検索者は虫眼鏡キーワードの上からクリックする傾向があるのですが、
この虫眼鏡キーワードを「葉酸サプリ・せいさんオススメランキング」と操作できたとしたら、
「せいさんオススメランキング」で記事を作っているのは僕だけですので、僕の記事がSEOで1位になるというわけです。

で、何が問題だったかというと…

僕は記事を書くときにもドメインを取るときにも、この虫眼鏡キーワードを参考にしていたんですね。
そして虫眼鏡キーワードまんまの日本語ドメインを取得して記事を書き続けていたんです。

つまり、他人が作った(操作した)虫眼鏡キーワードで日本語ドメインを取得して記事を書いていたということです。

そのときは虫眼鏡キーワードを操作できるなんて知らなかったので
いつも通りの作業の一環として虫眼鏡キーワードでドメインを取得して記事を書くということをやっていた
んです。

するとしばらく経ってから
フォーム経由でこんなメッセージが届きました。

「ドンピシャ」でドメインを取るのはやめてほしい

当時、なんのことだったかわからなかった僕は素直に、こう返信しました。
「虫眼鏡で探したキーワードで記事を書いたり、ドメインを取るのは昔からやっていることなので、どうしてそこまで言われるかわかりません」
と。

でも相手は高いお金を払って専門の業者さんに頼んで虫眼鏡SEOで上げてもらっているということで、
このままでは数千万円の借金になってしまうし、
あなたがこのまま続けるつもりなら内容証明が行くかもしれない

と。

「内容証明」という言葉が出たので、
ちょっとびっくりして、弁護士さんに相談したんです。
100%こちらが有利と言ってくれることを期待して。

しかし弁護士さんの返答は、
「商標登録をしていないドメインであるが(してあったらアウト)、問題にかかる時間のコストや裁判になった時に慰謝料などを請求したとしても支払い能力がないことが予想できるので、
あなたが戦うメリットはありません
とのことでした^^;

このあと虫眼鏡SEOについて詳しく調べてみると、
他人が業者に支払って操作したと思われるキーワードをURLに記事を書いている人はたくさんいたように思われました。

でも、虫眼鏡SEO自体が違法だということも知り、
そいうったキーワードでこれ以上運営して行くことに疑問を持ったので、
全てのサイトを閉鎖し、閉鎖した証拠のキャプチャも送信し、
この件は終わりました。

(その間にも複数の人がこのドメインを取得していましたが…)

この件で勉強になったのは、
相談しに行った時に弁護士さんに言われた
「どちらを取るのも経営判断です」
という言葉でしたね。

オウンドメディアでの失敗談

500ページのサイト3つ作っても1,500PV

これは独学で自己流でやると失敗するといういい見本だと思うのですが、
僕はサイトアフィリエイトをブラックSEOで行っていましたが、
とにかくペナルティがすごいんです^^;

調子よくリンクをつけて行って
ひょっとしたら月1,000万円行っちゃうかも!
という時にズドーンと落とされてしまうんですね。

この繰り返しにうんざりしていた僕は
3つのジャンルでまったくリンクをつけないホワイトSEOのサイトを3サイト作ることを決めたんです。

ホワイトSEOなんて別にリンクつけなきゃいいだけだろ?
って感じで、
自分で半分、外注さんで半分といった感じで
3サイトとも500記事以上のサイトにしました。

ちなみに500記事ってどれくらいなんだろう?
ともう方もいると思いますが、

今運営しているOMC入塾後に作ったサイトが、ちょうど500記事前後で15万PVくらいあります。

500記事で15万PVというのは少ない方だと思うのですが、
報酬自体は平均して月200万円前後になっているので「アリ」だと思っています。

でもですね、
独学で作った500記事3サイトのPVはというと、
たったの1,500PVでした。

つまり

  • 独学で作った500記事のサイト=1,500PV
  • OMC入塾後に作った500記事のサイト=150,000PV

  • 100倍の差が出たということです。

    これはもう完全に独学だったからというのが原因だったのですが、
    ここで紹介しているように、
    OMC入塾前に入った塾期間中もまったくPVが増えることはありませんでした。

    つまり

  • 独学=ダメ
  • 合わない塾=ダメ
  • ピッタリな塾=良い

  • ということですね^^

    実はアフィリエイトで失敗するたびに収益が増えているという事実

    色々な失敗談をご紹介してきましたが、
    初心者の方は「なんのことを言ってるのかわからない」ということもあったかもしれません。
    この辺りは経験していくうちに「せいさんが言ってたのはこのことだったのか」と気づくこともあるかもしれません。

    ただ、面白いのは
    失敗するたびに収益が増えていっているという事実ですね。

    もうダメだ…って思うときもありますが、
    色々な経験をしているうちにサバイバル能力がつくのかもしれません(笑)

    本当はまだまだたくさん失敗談があるのですが、
    やっぱり独学でやると失敗する可能性が高いですし、
    何かトラブルがあった時も塾でしたら親身になって質問を聞いてくれたりもするので、
    やっぱり失敗しないためにもトラブルを上手に回避するためにもぴったりな塾に入るのがおすすめですね!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です