メルマガ登録バナー

稼いでるブロガーがブログ記事の文字数を増やす方法をバラしちゃいます

稼いでるブロガーがブログ記事の文字数を増やす方法をバラしちゃいます

ブログ記事の文字数について前回は、文字数とSEOの関係性についてご説明しました。
参考:【ブログ記事の文字数】SEO好影響のための2つの考え方

文字数の多い少ないということと検索ニーズは必ずしも一致しないものの、やっぱり文字数が多い方が検索ニーズを網羅できる可能性が高くなるということをご紹介しました。

ここで素朴な疑問が生まれると思います。

「どうやって文字数、増やせばいいの?」

ということで、
今回は稼いでるブロガーがブログ記事の文字数を増やしているやり方についてご紹介したいと思います。

今回ご紹介する方法は僕が5年ほど前から実践していて、
稼いでるブロガーは当たり前にやってることなのですが、
初心者は知らない方も多いと思うのでぜひ参考にしていただければと思います。

この記事の著者「せいさん」はアフィリエイト歴10年以上。
SEOだけで1億円以上稼いでいます。

ブログ記事の文字数を増やすことができない2つの理由


ブログの文字数の話になると「2,000文字、3,000文字書きましょう」とよく言われると思いますが、
これは普通の人は、ほぼ無理だと思います。

なぜ無理なのか?と言いますと、

    ・お題が1つしかないから
    ・終わりが見えないから

といった理由があるからです。

お題が1つしかないから

何も計画を立てずに取り組むと記事を書くのにあたり、キーワード選定で選んだ1つしかお題がないということになってしまいます。

終わりが見えないから

1つのお題で数千文字も書いていかなきゃいけないので、
よほど想像力豊かな人じゃなきゃ無理です。

というか、僕も1つのお題で数千文字というのは厳しいです^^;

ではどうしたらいいのか?
ということで、
簡単に文字数を増やす方法についてご紹介しますね。

ブログ記事の文字数を増やす方法

ブログ記事の文字数を増やす方法は2つ。

    1)見出しを作る
    2)見出しに沿って記事を書く

なぜこの方法で文字数が簡単に増やせるのか?

デカルト
出典:amazon.co.jp

「困難は分割せよ」というデカルトの名言の名言がありますが、
見出し=お題を複数に分けることで書くことを分割できるようになります。

つまり、
3,000文字を1つのお題ではなく
3,000文字を6つのお題に分ける

これによってお題が分割されるので終わりが見えるようになりますよ!

1)見出しを作る

見出しの作り方には2つのステップがあります。

    ステップ1:虫眼鏡キーワードをメモる
    ステップ2:ライバルブログを真似る

【ステップ1】虫眼鏡キーワードをメモる

たとえば「ブログ 稼ぐ」というキーワードの場合、
実際に「ブログ 稼ぐ」と検索窓に入力すると、下にずらっと虫眼鏡キーワードが並ぶと思います。
虫眼鏡キーワード

この虫眼鏡キーワードに出てきたキーワードをメモ帳などにメモっておいてください。

【ステップ2】ライバルブログを真似る

続いてライバルブログを参考にするためにリサーチを行います。

1)「ブログ 稼ぐ」 で検索します。
2)検索結果の1〜10位までの目次(見出し)を書き出します。

次に、先ほどメモした虫眼鏡キーワードの中でライバルたちがどのキーワードをどのように採用してるか参考に6つほど見出しを作成します。
参考に6つほど見出し作成

たとえば「ブログ 稼ぐ」で検索したときに1位のブログが上記のような見出し(目次)だった場合、
Googleで検索した虫眼鏡キーワードと比較して

    ・どのキーワードを採用しているか
    ・どのような見出しにしているか

といったことを参考にしてみてください。

例の場合ですと、
「ブログ 稼ぐ ジャンル」
「ブログ 稼ぐ どこ」
以外の虫眼鏡キーワードが採用されていることがわかりますね。

これを1位〜10位まで行って、
1位〜10位が入れている共通の虫眼鏡キーワードを探して
参考にオリジナルの見出しを作ります

見出しはそのままコピーするのはNGです。
自分の言葉に直してくださいね^^

2)見出しに沿って記事を書く

見出しを6つほど作成したら、
6つの見出しにつき、それぞれ500文字ずつ「自分の言葉」で書いていきます。

6つの見出しに500文字でもいいのですが、
もっと簡単にする方法として、
6つのお題の中で書けそうなものから順番に書いていって、
500文字以上書けそうなものについては500文字にこだわらずに600、700文字と書いていくという方法が
あります。

そうすると、他の書きづらいお題の文章を減らすことができるようになります。

見出しの例
・見出しA:750文字(得意なお題)
・見出しB:250文字(苦手なお題)
・見出しC:500文字
・見出しD:500文字
・見出しE:500文字
・見出しF:500文字

あくまでもバランスが大事なので、
1つのお題が50文字で
他が800文字といったのはNGになります。

なるべく均等になるように心がけてくださいね。

NG方法!これで文字数増やすのはおすすめしません

文字を簡単に増やす方法としておすすめされているのが

    ・用語解説
    ・引用

なのですが、この2つはおすすめできません。

用語解説

用語解説で文字数を増やすことをおすすめしている人もいるかもしれませんが、これはNGです。

NGな理由は、以下の2つ。
1)重複コンテンツと認識される可能性が高い
イメージしていただければわかると思いますが、
用語解説は、あくまでも開設になりますので、
オリジナルの文章にすることが難しく、重複コンテンツとみなされる場合があります。

よほどうまくやれば別ですが、初心者には厳しいのでおすすめできません。

2)検索ニーズとズレる
たとえば「ブログ 稼ぐ」と検索してきた読者にとって、
知りたい情報というのは「どうやったらブログで稼げるか?」ということであり、
難しい用語の解説が知りたいわけではありません。

【上位表示する】ブログの書き方3つのコツでもご説明している通り、
わからない用語が出てくるとあなたのブログから離れてしまう可能性が高くなるので、
専門用語はなるべく使わないことをおすすめします。

引用の多用

    ・Twitter、インスタグラムなどSNSの埋め込み
    ・知恵袋などQAサイトの文章

このようなものを引用するのは全然アリなのですが、
文章を増やす目的で使うのはNGです。

引用はオリジナルの文章ではないので、
オリジナルの文章で文字数を増やすようにしてください。

検索ニーズを満たしながらブログ記事の文字数を増やすには?

先ほどお伝えしたように
虫眼鏡キーワードとライバルブログを参考にするだけでも大体OKなのですが、
さらに検索ニーズを満たしたい場合の方法としておすすめなのがこちらです。

    1)知恵袋で見出しのキーワードを検索する
    2)質問者や回答者の意見を参考にする
    3)見出しキーワードの上位表示ブログを参考に記事を書く

知恵袋で見出しのキーワードを検索する

知恵袋などのQAサイトで実際に見出しに採用したキーワードで検索してみます。

1)知恵袋にアクセスします。
知恵袋はこちら

2)見出しのキーワードで検索してみます。
見出しのキーワードで検索

3)気になるQAを読んでみます。
気になるQAを読む

質問者や回答者の意見を参考にする

気になるQAの中にある質問者や回答者の意見を参考にしてみます。
QAの中にある質問者や回答者の意見を参考に
たとえば、上記の質問には、
ブログでお金を稼ぐにはジャンルは何が良いか?
という質問なので、
「ブログ 稼ぐ おすすめ」
「ブログ 稼ぐ ジャンル」
というキーワードを合わせて、
「ブログで稼ぐのにおすすめなジャンルは?」
といった見出しを作ることができそうですね。

見出しキーワードの上位表示ブログを参考に記事を書く

このようにして見出しができたら、
見出しに採用したキーワードを1つ1つ検索して、
上位表示しているブログに書かれていることを参考に文章を書いていってください。

ブログ記事の文字数を増やす方法【まとめ】

僕がこのブログ記事の文字数を増やす方法を知ったのは5年ほど前だったのですが、
それ以前は闇雲に文字数を増やそうとしていただけだったので、大変でした^^;

ですが、このシンプルな方法を知ってからスラスラと記事を書けるようになりましたし、
この方法はメルマガにも応用できるようになりますので、
ぜひ、しっかりと身につけていただければと思います。

※僕のメルマガって太線や二重丸を使ってますが、あれが見出しです。

無料メルマガではアフィリエイト歴10年以上&1億円以上稼いできた「せいさん」が、
最速でアフィリエイトで成功するステップを有料級プレゼントを交えてお届けしています。
>>無料メルマガのご登録はこちら
メルマガ登録バナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です